IMG_3437.JPG

restaurant817の取り組み

restaurant817は日本サスティナブルレストラン協会に加盟しています。

鶏糞、堆肥

​紙ストロー、生分解コップ

古材や倒木を利用した建物

種の保存

有機野菜

天然洗剤

restaurant817

野菜くずは鶏、残渣は堆肥化

鶏や微生物

卵​

コミュニティー

再生可能エネルギー

アニマルウェルフェア

調達

​​地産地消・旬

フェアトレード

​アニマルウェルフェア

建物

キャプチャaw_edited.jpg

支笏湖の倒木や、廃材を利用。真狩村の公園にあった大きな木の枝を梁に使用。

塗料はひまわりオイル、あざみ油と植物性ワックスでできた自然塗料。

窓を多く入れ、照明はLED。冷房は設置せず、風通しの良い店内。暖房は薪を使用、

毎月電力使用量をチェックし、削減できるよう努力しています。

キャプチャaw_edited.jpg

洗剤、水

環境汚染、安全性を問われる有害物質(蛍光増白剤、ABS、LAS、香料、着色料、酵素、リン酸塩、酸化剤、メチルアルコール)を一切排除し、天然素材から作られた、中性万能洗剤。

雨水はレストラン内の植物に。

節水トイレの設置など

キャプチャaw_edited.jpg
キャプチャaw_edited.jpg
キャプチャaw_edited.jpg
キャプチャaw_edited.jpg

​紙ストロー、生分解性テイクアウトカップ使用。紙袋使用。量り売りショップでの仕入れ。

カトラリー

ガーデンの野菜や旬の食材、山菜を使用し、自給できないものはできる限り80㎞圏内から調達。味付けはシンプルに、化学調味料などは不使用。

アニマルウェルフェアにも気を付け、ベターミートを提供。

​湧水の利用。

​食物連鎖の頂点の魚類は使用していません。

コミュニティー

地元の学生などとの交流や食育。

キャプチャaw_edited.jpg

レストランから出た生ごみは、微生物の働きにより、堆肥化されます。

堆肥化された生ごみは野菜の栄養になり、おいしい野菜が育ちます。

当農園では栽培期間中、農薬、化学肥料は使用していません。

野菜くずは、鶏に与え、その恩恵に卵、鶏糞をもらっています。

指定植物取扱いの許可をもらい、種の保存に努めています。